Lawyers for influencers

弁護士がお届けする、SNSとブログの法律知識

弁護士が解説!Twitterで他人の文章や写真を「引用」する正しい方法

Twitterに特化して「正しい引用方法」を解説!

自分のツイッターに誰かの文章や写真を載せる時は、著作権法で認められた「引用」の条件を満たす必要があります。

その一般的条件は、下記記事で解説しました。

弁護士が解説!著作権法で認められた「引用」の条件とは?

ただ引用条件を満たすかどうかは、
・何を引用するのか(文章・歌詞・写真・動画など)
・どこに引用するのか(ブログ・YouTubeTwitterなど)
といった具体的なケースによります。

そこで今回は、
・ツイートで
・他人の文章・写真・動画
を引用する場合の、具体的方法や注意点を解説します!

【復習】引用が認められるための条件

1.使用される著作物がすでに公表されているものであること

2.引用の条件を満たすこと
-①引用する著作物と引用される著作物が明瞭に区別できること(明瞭区分性)
-②引用する著作物が主、引用される著作物が従の関係にあること(主従性)

3.公正な慣行に合致すること

4.引用の目的上正当な範囲内であること

5.出所を明示すること

※引用である以上、引用する文章や写真に勝手に手を加えないのが原則です。

この条件に沿って、具体的に解説します!

1.使用される著作物がすでに公表されているものであること

・一般向けに発表・発売された曲や本

・一般向けに無料配布された本・冊子・フリーペーパー

・誰でも閲覧できるブログ・HP・SNS上の文章・写真・動画

こういったものは、全て「公表済み」と考えられます。

他方、

・社内の少数の担当者など、対象者を限定して配られた資料

・1対1又は複数人でのメール・SNSメッセージ・LINEでの文章や写真

こういったものは、「公表済み」の条件を満たさない可能性があります。

また会員限定コンテンツなどを引用すると、利用規約違反などの別問題も発生します。

引用は控えた方が安全ですし、どうしても引用したい場合は、許可を得た方が良いでしょう。

2.引用の条件を満たすこと

①引用する著作物と引用される著作物が明瞭に区別できること(明瞭区分性)

自分の文章や写真と、他人の文章や写真を明確に分けましょう。

他のツイートを引用する場合は、リツイートを使うのがベストです。

他人のブログ・HP・SNS(Twitter以外)から引用する場合は、下記の方法があります。

文章引用の具体的方法

ブログであれば<blockquote>タグを使って、「ここが引用ですよ」と明示できます。

ただTwitterでは、タグを使ったり、フォントの種類・大きさ・色を変えることもできません。

ですから、「」【】””などの記号や、(ここから引用)(引用ここまで)といった文字を入れるしかありません。

ただし「」【】””などの記号を使う場合は、引用部分にだけ使って下さい(当該ツイートだけでなく、アカウント全体で使い方を統一するのがベスト)。

例えば、引用部分・強調部分・発言部分、全てに「」を使ってしまうと、その意味が不明確になるからです。

写真・動画引用の具体的方法

・自分が文章を書いて、写真・動画を引用する場合

「文章と写真(動画)」という区別ができているので、あまり神経質にならなくて良いでしょう。

※出典の明記など、他の条件を満たすことが前提です。

・自分が撮った写真・動画と、他人が撮った写真・動画が混在する場合

例えば1つのツイートに、自分が撮った写真と、他人が撮った参考写真を載せるとします。

この場合はツイート内に、どれが自分が撮った写真で、どれが他人が撮った写真なのか分かるような説明を入れて下さい。

また、引用は手を加えないことが原則です。

・縦横比を変えて歪める
・極端に粗い画像にする
こういったことはしないように注意しましょう。

②引用する著作物が主、引用される著作物が従の関係にあること(主従性)

自分の文章や写真が主(メイン)、他人の文章や写真が従(サブ)になるようにしましょう。

「主従」というのは、単純に量(比率)だけの問題ではありません。
引用部分の重要度、どういう読者に向けて書いているかなど、「ケースバイケース」です。

ツイッターでは、次のようなツイートを頻繁に見かけます。

・歌詞や本の一部を書いて、「めっちゃ良い!」とつぶやく

・テレビ画面の写真や動画を撮って、「誰々が出てる!」とつぶやく

・ブランドHPから写真を持ってきて、「この服格好良い!」とつぶやく

・自分の感情や気分を一言書いて、それに合った漫画やドラマのシーンの画像を載せる

このような例は、比率的に引用部分が大きいケース、引用部分の重要度が高いケースが多いので、主従関係が成立していない可能性があります。

「皆やってるじゃん」という気持ちも分かります。
ただ、「いつ自分が責任追及されてもおかしくない」という緊張感は持っておいた方が良いでしょう。

また主従は、最終的には裁判所が客観的に判断します。
主観的に「自分の文章がメインだ」と思っていても、客観的に主従が壊れていたらアウトです。

3.公正な慣行に合致すること

他の人の作品を拝借する以上、慣習として用いられるようなフェアな作法に則って引用しましょう。

例えば誰かを人格攻撃するために、その人の写った写真を使うとします。

他の引用の条件を満たしていても、このような目的のために使うことは公正な慣行に合致するとはいえません。
名誉毀損といった違法な投稿がいけないのはもちろんですが、同時に著作権法上も違法になる可能性があります。

4.引用の目的上正当な範囲内であること

あくまでも引用はサブとして使うものなので、それにふさわしい範囲で使いましょう。

先程の主従の話は、「引用する側とされる側の関係」の話です。

他方この条件は、「引用される側のどの部分をどれだけ使うのか」という話です。

例えば、
・作品の好き嫌いを語るのであれば、その好きな(嫌いな)部分に限定して引用する
・語りたいテーマがあるのであれば、そのテーマに関係する部分だけ引用する

こういった対応で、違法になるリスクは低くできます。

5.出所を明示すること

引用元をしっかり書きましょう。

具体例

(1) 文章を引用する場合
・引用元のサイト名と、当該文章が載っているURLを書く
・本の著者と書籍名を書く

(2) 写真・動画を引用する場合
・引用元のサイト名と、当該写真が載っているURLを書く

(3) 他のツイートを引用する場合
・リツイートを使えば、別途明記する必要はないでしょう。

ちなみにこの記事では、引用元の記載が不要な写真を使っています。

フリー写真を配布しているサイトは結構あります。

ただ、商用利用不可とか、引用元を書かなければならないとか、ルールは様々です。

使う前に、必ずそのサイト上で利用規約を確認して下さい。

スレッド機能で引用条件を満たせるか?

Twitterには、スレッドという機能があります。

簡単に言うと、ツイートをつなげることで、実質的に140文字以上の投稿が出来る機能です。

140文字だと、
・出典をちゃんと書くと文字数が足りない
・引用部分が大半を占めてしまって、主従を作りづらい
という場合があります。

スレッドを使うことで、そういった問題をクリアできるでしょうか?

結論を言うと、「ケースバイケース」です。

なかなかこの問題を正面から扱った裁判例は見つからず、議論も深まっていないところです。

ただ裁判では、媒体(Twitterなのか?ブログなのか?など)の特性を踏まえて判断されたり、一連の投稿が考慮されることもあります。

そう考えると、スレッド機能を使うことで引用条件をクリアできる可能性はあります。

ただ断言はできないので、一つの投稿内で引用条件を満たすように努めて下さい。

それに苦労するようなら、引用を控えるのも一つです。

まとめ

今回は、自分のツイートに他人の文章・写真・動画を載せる具体的方法と注意点をご紹介しました。
著作権法で認められた「引用」
は、どういう媒体に、何を引用するかによって方法が違うことがあります。
今回は「Twitterに引用する場合」に特化した解説なので、ぜひ参考にして下さい。